在宅ビジネスネット【新川卓也、マネビズ】

おすすめネットビジネス「株式会社PROGRESS(新川卓也)のマネビズ

マネー教育における投資

time 2022/07/13

日本ではまだまだ貯蓄の文化が根強く残っており、投資を推進していくためにはマネー教育の段階から投資を伝えていくことが重要です。 
実際に、マネー教育を小学校や中学校の段階から行うにあたり、文部科学省としては特別な投資が必要になるわけではありません。

しかしながら、英語教育と同じく教員そのものが投資に対してある程度知識を持ち、ファイナンシャルプランナー3級程度の知識を持ちながら、子供と接することができなければなかなか投資の重要さ、面白さを伝えていく事は難しいと考えられます。

日本では投資を行うような属性については、ある程度の収入がなければ難しいとされています。
それだけに学校教育を家庭でフォローをするためにも制限があるため、可能な限り学校で完結させなければなりません。

投資教育への投資を行うと言う考え方で言えば、教員の教育を行うか、ここに対して専門家から教員に対して研修などを通じて投資を行う必要があるかもしれません。

または、マネー教育を行うために語学教育のように専門家を学校教育の場に派遣し、実践的なマネー教育について伝えていくことも重要な手段の1つでしょう。

日本の教育の現場としては全てにおいて実践的な教育がなされていないことが大きな課題です。
マネー教育についても子供たちが将来大人になって詐欺行為に合わないように、または投資がマイナスではなく、プラスの要素であり、様々な要素はあるものの基本的には貯蓄と同じような考え方、そして長期的に自分自身の資産を形成していくための重要な手段であることを知ってもらうことが必要です。

もちろん、最近のマネー教育において重要なのは、現金に対して免疫がある子供たちが減っていることからポイントです。
現金の価値をどのように捉えるか、ここから伝えていく必要があります。

投資教育を行うにあたっても基本的にはお金がどのような価値があり、どの役割を果たすか、市場の中でどのような流れで動いていくかを知ることからスタートになるからです。

マネー教育における投資は非常に重要なファクターであり、子供たちがお金に対してどのような考え方を持つかによって、日本の経済の流れも将来的に大きく変わってくることが想定されます。

投資のメリットについて子供たちがしっかりした教育を受け、ある程度収入を得るようになったときに実践することによって、日本の投資が盛んになることが予測されます。 
長期的な視点で見れば必要なポイントでしょう。